自己破産と免責は別物!

自己破産は、何のためにするかと言うと、もちろん債務を白紙に戻して貰いたくてするものですよね。

ですが、自己破産ができたからと言って、債務を免除されるとは限らないのだそうです。

自己破産と免責は、セットではないんですね。

それぞれ別々に手続きを行わなければいけません。

具体的に言うと、最初に自己破産の申立てをすると、破産手続開始決定を受けることになります。

これだけで債務がなくなったと勘違いしてしまいそうなところですが、実はこれだけではまだ債務はそのまま。

私は破産しました!とただ宣言しただけの状態なのだそうです。

債務を免除されるためには、免責決定を受けることが必要なのです。

破産手続開始決定がスタートで、免責決定がゴール、だとも言えますね。

ともかく自己破産の目的は、この免責決定を無事受けることなのです。

実際、破産手続開始決定を受けたのに免責がおりなかった!という人はいるので、注意が必要ですね。

ちなみに、免責決定が確定すると、その時点で債務者は、破産手続開始決定以前の状態に戻ります。

様々な制限がなくなって普通の生活に戻ることができるのです。

自己破産を考えている方は手続きに関して一度相談してみるといいですよ。

こちらのサイト【自己破産をお考えの方は|リセック】で、無料で相談できるようです。

アドバイスをうけ、今後について一緒に考えてもらう事が解決への第一歩です。